descriptionのチューニング

<meta>タグの<description>は検索結果の説明文にも表示される重要なタグですが、ブログツールでは設定されていないことが多いタグでもあります。

movable typeには<meta>タグのために用意されているフォームがありませんので、別のフォームに記述されたテキスト情報を<meta>タグのために用意されているフォームはありませんので、別のフォームに記述されたテキスト情報を<meta>タグに適応させます。テンプレートの<discription>タグのところを書き換えれば全てのページに同じ<description>が適用できますが、SEO的にはやはりページごとに最適な<description>を設定したいところです。SEO対策でまだまだ重要です。

movable type wordpressともに管理画面を活用すれば、個別の<description>情報を生成できます。

movable typeの場合は、個別アーカイブのテンプレートの<meta>タグに「<meta name=“description”content=“<$MTEntryExcerpt encode_html=“1”$>”/>」を書き加えます。これでエントリー画面の「概要」のところに書き込んだ内容がそのままそのページの「description」に反映されるという寸法です。

wordpressは前出のプラグイン「another wordpress meta plugin」を導入すると、投稿画面に<description>の登録メニューが出現しますので、こちらに<description >の書き記せば反映されます。