H1のチューニング

□不要な<meta>タグは削除しておこう

なお、提供されているテンプレートにはこれら以外の<meta>タグの要素が含まれていることがあります。wordpressでは<meta name=“generator”content=“WordpressXXXX”/>とバージョン情報が記載されています。

しかし、こうした要素はSEO的に必要ありませんので、削りましょう。不要な要素はhtmヵらなるべく削り、シンプルなhtmlソースにすることが検索エンジンに優しいページを作るポイントです。

□見出しとして機能するようにしよう

<body>ないのタグもしっかり確認しておきましょう<h1>や<h2>などは検索エンジンが重要視するためにページタイトルやそのページの見出しに適用することが基本ですが、movable typeのデフォルトの状態では<h2>は日付に割り当てられています。

日付を強調する必要性は全くありませんので、<h2>にhアページタイトルやサイトタイトルが来るようにスタイルシートのテンプレートを修正しましょう。

wordpressもテーマによっては<h1>や<h2>がカレンダーに適用されていたりするので、確認が必要です。