キーワードの配置位置の重要性

ページ内要因系のSEO テクニックでの大事な概念に「キーワード注目度 (Keyword Prominence)という考え方があります。Prominenceとは「目立つ場所」という意味ですから、そのキーワードがどれほど目立つ場所に 設置されているかを示しています。

英語の論文は、重要な概念が必ず文章の最初に現れる「頭括式」という タイプです。英語圏で教育を受けた人間は、必ず最初に結論を述べて後か ら理論や根拠を展開します。日本語ではその他に「尾括式」や「双括式」 という文章作法もありますが、そういった独特な構成は使用しないと考えてください。そして、米国生まれのGoogle もまた「頭括式」を採用しています。重要な概念やキーワードはホームページの最初に出現すると考えているのです。したがって、 Googleロボット対策として「目立つ位置」というのはホームページの最初に出てくることを意味します。

そこで問題になってくるのが、「ホームページの最初とはどこなのだろうか?」ということです。大体の方はご存知だと思いますが、ホームページ自体はHTML (HyperText Markup Language) という言語で書かれています。 IBM 社のホームページ・ピルダ ーなどのツールを使ってホームページを作った場合でも、その裏では HTML文法によってホームページが作成されています。そのソースコードの中でtitleというのがホームページの表紙と考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です