モバイルSEO

PCで検索をした場合、検索結果は1ページあたり基本10件表示され、 1ペ ージ目に欲しい情報がなければ、 2ページ目、 3ページ目、 4ページ目まで閲覧をすることが多いだろう。しかし、モバイルは画面表示領域の小ささから、 ページの一番下までスクロールするユーザは少ないだろうし、 4ページま で閲覧するユーザもほとんどいないだろう。また、検索キーワードも、その場で知りたい、利用したいという衝動的なものが多く、 PCのように2 語、 3語の組み合わせキーワードでの検索はあ まり見受けられない。このような遣いから、モバイル検索会社各社は、検索 結果の表示の仕方に工夫を凝らしており、今後の展開が期待されている。

米国のGoogleは検索エンジンがユーザの検索キーワードを理解して、模索結果を動的に変更している。日本の検索の場合、どのようなキーワードであっ ても公式検索結果というように表示の順序は変わらない が、米Google は検索キーワードによって出てくるコンテンツやその順序が変化する 。モバイル検索は今後、様々な技術により検索結果の見せ方を変化させていくと考えられる。今からどのような変化を見据えたモバイル SEO対策を行っていくべきだろう 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です