外部リンク施策の隆盛について

グーグルの台頭によって、外部リンクを提供するためのWebサイトをできるだけ安く多量に作る方法が追求されたそうです。そしてこれがその後のSEO対策の主流となっていたそうです。SEO対策というと、必ず「外部対策」と「内部対策」ということがいわれるそうです。「外部対策」というのは、Webサイト自体を強化するのではなく、外部の調整を行う対策だそうです。「内部対策」というのは、Webサイト自体を強化する対策をいうそうです。外部対策の中心的な役割を担ってきたのが、他のWebサイトからのリンクを集める手法だそうです。SEO業者が提供するサービスというのはほぼこの外部リンクを売るサービスというのが最近までの主流だったそうです。グーグルが大きな変更を加えた2011年以降は、内部対策が効果を上げるようになったそうです。この内部対策を追求したサービスを提供する企業というのがほとんどなかったそうで、中小企業向けのサービスといえば、個人で活動するSEOコンサルタントが裏技を利用した手法を提供していた程度だったそうです。外部対策は儲かり、内部対策は儲からないということが、外部施策が主流となった原因だそうです。外部リンクサービスは外部リンクを外されてしまったら効果はなくなるそうです。なので、外部対策は継続型となり月額課金モデルのサービスが成り立つそうです。それに引き換え内部対策は持続性があるためにサービスを止めても影響はなく、逆に効果が出てくるとサービスを止めてしまうということが起こるため月額課金サービスが成り立たないそうです。外部対策は長期間でもろもろのコストを回収したらよいということになり、内部対策は初期にしっかりと作業コストを回収しなければならないということだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です