汎用的な属性

HTMLでは、多くの要素に対し、使用可能な汎用的属性というものが定義されているようです。例えば「id=”名前”」というように要素に対して名前をつけることができるようですが、これは同一の文書の中で同じ名前の重複ができないというルールはあるようです。スタイルシートのセレクタやリンクの対象、スクリプトからの参照、また、オブジェクトの指定といったものに多く利用されているようです。次に「class=”クラス名”」というように、要素に対してクラス名をつけることも紹介しておきましょう。これは「id属性」とは違い、同じ文書の中で複数の要素に対して、同じ名前を使用することができると言われています。さらにスペースで区切ることで、一つの要素に対して複数のクラス名を指定することも可能とされ、スタイルシートのセレクタ部分などに多く利用されているようです。要素に対して補足的な情報を与えるのが「title=”補足情報”」でしょう。ここでの情報の表現方法というのはブラウザによって異なるようですが、ツールチップの形で表示されるのが一般的のようです。要素内容の言語を指定するのが「lang=”言語コード”」でしょう。
例えば日本語は「lang=”ja”」と指定し、この属性を指定しなかった場合、言語コードは「unknown」(不明)と表示されることになるようです。この属性はアクセント記号や引用符のついたアルファベットなど、その言語の特色によって内容を正しく表示することが出来たり、音声ブラウザなどで正しく発音させるための働きを持っていると言えるでしょう。同じホームページ作成の手段としてXHTMLが挙げられますが、XHTMLではこの属性の代わりにxml:langという属性を指定することになるようですが、XHTMLではHTML文書との互換性を考え、lang属性も一緒に指定することができるようです。