CSSの利用

HTMLを使えばホームページを作ることができますが、どうしても単調なサイトになりがちです。デザイン性のあるサイトを作ろうと思ったときには、CSSを加えて作成することがオススメです。CSSはスタイルシートとも呼ばれており、HTMLが家の柱などの基礎的な部分だとすれば、CSSは壁紙を貼る、ドアの大きさを変えるなどができる方法と言えるでしょう。ホームページで言うと、例えば画像の大きさを変えたり、文字の色や配置を変える部分はCSSと言えます。HTMLファイルはそのまま文書をブラウザに反映させることができますが、CSSを追加したいという場合には基本的に3つの方法があります。1つは、HTMLファイルの他にCSSファイルを別に作って、HTMLファイルに読み込みを行うことです。2つ目は、HTMLファイルの中に直接CSSを書き込んでいく方法で、3つ目は<style>という方法を使ってHTMLファイルに書き込む方法です。どの方法であってもメリットとデメリットはあるので、その都度で使い分けるのが一番ですが、最もポピュラーな方法は1つ目の「CSSファイルを別に作って、HTMLファイルに読み込みを行う」という方法になります。当然ながら、HTML・CSSのコードを書くためには初めにテキストエディタを準備しなければなりません。テキストエディタは、簡単なものであれば初期設定もほとんど不要で使い始めることができます。スタイルシートと言われると難しいイメージを持ってしまうかもしれませんが、コードを書いていって反映させていくという流れであるのは、HTMLと同じです。深く勉強してからとは思わずに、まずは手探りでも実際にテキストエディタを使って書き込んでみると、どんなものなのか体感的に理解することができます。