SEOと情報の信頼性の担保とは

ユーザーニーズにマッチしたコンテンツを作成するには、自分のサイトがどのような付加価値を提供できるのか検討する必要があります。そしてその情報がユーザーにとって価値があるかどうかは、正しいということにあると思います。ネット上の情報に対する正確性や妥当性というのが問われるようになりました。間違った情報の提供はリスクが高いといえます。記述した情報に間違いがないか、古くなってしまった情報はなか、出典元のデータの有無、といったことをコンテンツの公開前に確認すべきです。例えば、「独自性」といったものとはどういったものかというと、口コミサイトで、実際のユーザーの意見ではなく、ライターに書かせた虚偽のものであったり、比較サイトにスポンサーが介在して、そのスポンサーの商品が有利になっていたりすれば、ユーザーは正しい情報を得たとはいえません。ウェブサイトに掲載された情報に責任を持つ人物、会社組織というものがあるのも価値となります。コンテンツを公開する前に、チェックを複数人ですることを実施しましょう。情報の不確かな場合には、調査するか、掲載は取りやめるようにしましょう。サイト内で掲載する情報には責任を持つべきです。数字やデータに関しては出典元を記載します。ウェブサイトにあるならば、URLとリンクを貼りましょう。情報ソースとして引用してよい情報源とどうか、公開前に確かめる必要があります。原則として公式情報を用いることです。個人のブログやウェブサイトの情報に頼らないように。図や画像はオリジナルが良いようです。記事の執筆者は記事に責任を持つこと。情報に変更やアップデートがあったら早めに修正していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です