SEO業界の成り立ちについて

SEO対策は、どうして検索エンジンが推奨しているコンテツの質に注目をしないで、検索エンジンを欺く裏技ばかりが追求されてしまったのか、その原因はどこにあるのか考えてみます。以前の検索エンジンの技術としてWebサイトの内容を分析できなかったということがあって、特定の要素に含まれるキーワード数などを頼りにして評価を決めていたそうです。検索エンジンの技術自体が未熟ということで、対策するキーワードを特定要素に多量に反映したらいいなどという非常に単純で簡単な手法が大きな効果を上げていたそうです。このため、SEO対策は簡単に大きな効果があげられる手法として注目されたそうです。検索エンジンの評価手法を分析することで、その裏をかく『裏技』を求めるようになったそうです。グーグルの登場は、この傾向に拍車をかけたそうです。グーグルの発展を支えたのは、張られた外部リンクの数でWebページを評価するという独自の評価手法だそうです。これによって、コンテンツの内容を直接評価できない技術的限界の中で、世界中のWebサイトに紐づく膨大なページを機械的に評価するということができ、そこにある程度の正確な順位付けができるようになったそうです。外部のリンクが多いということは、それだけ多くの人の話題になったり、参照されたりしていると推測できるそうです。これをグーグルはWebページの評価判定に利用したそうです。この評価手法でグーグルは発展したそうです。ただ、とても大きな抜け道ができてしまったそうです。それはコンテンツの質には関係なく、リンクを提供するWebサイトを多量に作成することができたら、Webサイトの順位を押し上げることができるということだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です